神童から中国武術の至宝へ

1974年から1979年にかけて、リンチェイ少年(後のジェット・リー)は全中国武術大会にて前人未踏の五連覇を成し遂げます。北京武術団のメンバーの一人として、中国だけではなく世界30ヶ国で武術を披露しながらも武術の腕をさらに磨いていき、黄金期の少年時代ともいえる時期がこの中国武術の至宝とも呼ばれたこの時期です。

ジェット・リーの映画を見よう!!

前人未踏の五連覇

アメリカツアーから北京へと帰国した北京武術チームの一行は、西安で行われた1974年第1回全中国武術大会出場へむけてすぐに訓練を開始します。全中国武術大会への、個人・体育学校・武術団といった腕自慢の猛者たち数万人が集まります。巣馬人の中から800名が選出されて、6種目へエントリーします。それぞれの種目での各種目チャンピオンが合計点数で争い総合チャンピオンが決まる仕組みになっています。

リンチェイは絶好調とはいえないどころか、風邪をひいてしまい高熱まで発している中で、見事な技を繰り出し、刀術・規定拳の種目別チャンピオンに輝きます。そして少年の部では、総合個人チャンピオンとなり神童から、中国武術会の至宝と呼ばれるようになりました。

翌年1975年には第2回全中国武術大会が昆明で開催されましたが、もちろん参加します。前回大会で優勝したこともあって、まだ12歳という年齢でしたが飛び級扱いで18歳以上の部で競技することを許されての出場でした。結果は、拳術・刀術・規定拳・規定槍・対練の種目で優勝して、総合でも12歳ながらに成人の部でチャンピオンに輝きました。

同じ年に北京で第3回全国スポーツ大会が開催されましたが、そこでも規定拳・規定槍の2種目で準優勝、拳術・刀術・対練の3種目で優勝、そして個人総合優勝に輝きました。この大会の予選競技のときには、刀術のときに誤って自分の頭部を切りつけてしまい出血をするケガをしてしまいますが、そのケガをしながらの個人総合優勝となりました。

1976年第3回全中国武術大会では、残念なことに北京武術チームがアジア・アフリカ・中東・ヨーロッパを巡る国際親善ツアーをしていた時期と重なってしまい、大会へは不参加となっています。

1977年第4回全中国武術大会は内蒙古で開催されましたが、この時には拳術・刀術の2種目で優勝しています。そして個人総合優勝も果たしているので、リンチェイが出場した大会では連続の個人総合チャンピオンになっています。

1978年第5回全中国武術大会は北京で開催されました。この時にはも拳術・刀術・槍術・規定拳・対練の5種目で優勝していて、4回連続となる個人総合優勝を果たしています。

1979年全国スポーツ大会は河北省で開催されましたが、拳術・規定拳・刀術・対練の4種目で優勝。そして個人総合優勝を果たしています。第5回全中国武術大会は長沙で開催されました。伝統器械で準優勝、拳術・規定拳・刀術の3種目優勝。個人総合では前人未踏の5連続チャンピオンに輝きました。

ひたすら中国武術の宝として栄光の道を進んでいきますが、膝の前部十字靱帯断裂というケガを負ってしまいます。リンチャイはこのケガにこれから先何年も苦しめられることになりますが、このケガで事実上の引退を余儀なくされてしまい、リンチェイ自身の関心も、舞台劇へと移っていきました。もちろんリンチェイの元には、いろいろな映画の出演依頼が殺到してき、リンチェイは新たな道を進んでいくのでした。

リンチェイ自身は武術大会の出場を諦めていたということではなく、これから先も希望していたのですが1982年『少林寺2』の撮影中に再び膝を痛めてしまい、武術大会へ出場することは叶わずに、1985年に北京武術チームを去ったことで選手としての活動に終止符を打ったともいえるでしょう。

中国の映画特集

少林寺ブームの立役者

膝の前部十字靱帯断裂というケガをしたリンチェイは、映画「少林寺」の監督を務めた張鑫炎(チャン・シン・イエン)に1978年の全中国武術大会ですでに目を付けられていました。監督は武術大会でリンチェイ少年の姿をみて「主役は彼しか考えられない!」と強く思ったそうです。

「少林寺」を題材にした映画を撮影するために抜擢された監督はこの武術大会で他の選手にも目をつけていて「今までにはない本物の少林寺映画をつくろう」ときめ、少林寺の舞台も本物の嵩山少林寺から撮影の許可を得ていました。かつて作られていた少林寺映画は100以上の作品がありますが、そんな作品とは一線を違え本物の武術家による本物の少林寺での撮影をすることで、真に迫る「少林寺映画」を作ることにこだわりました。

映画「少林寺」に出演するために集められた俳優たちは、中国大陸の7省から集められたのは本物の武術家たちです。本物の武術家たちによるスタントなしの本物のアクションはすべて全力での撮影となり、18歳となったリンチェイが初となる映画は1日10時間にも渡る撮影の中で進んでいきました。もちろん最初は慣れない撮影にとまどいはありましたが、この映画は12ヶ月以上に渡る長期の撮影となりました。

映画の撮影後にリンチェイは2ヶ月の入院を要する手術を受けています。その手術は内側靭帯、十字靭帯、外側半月板を断裂したことによるもので手術に要した時間は7時間に渡る手術でした。手術後に医者からは「歩けるようになることは保障する、激しい運動はもうできないだろう」ということを告げられ、中国からは三級障害の認定を受けることになりました。こんな事実が少林寺の撮影後にありましたが、この手術のことや三級障害認定のことは映画関係者によって長い間封印されることになります。リンチェイは医師から宣告されたことで、自分の今後の将来に大きな不安と絶望感の中で「少林寺」が公開されることになりました。

「少林寺」が公開されると、香港だけでも日本円で6億円を超える大ヒットとなり、その年の興行成績第2位となる成績になりました。中国全土で公開されて中国では120億円の興行成績となり、中国圏だけではなくアジア各国でも大ヒットとなりました。これだけ莫大なヒットとなった映画「少林寺」ですが、主役を演じたリンチェイの出演料は謝礼金として他の武術家たちもすべて1日1元(約130円)という信じられない金額の出演料しか貰っていませんでした。

「少林寺」の大ヒットで主役を演じたリンチェイには香港の映画会社からオファーがありましたが、中国の武術団に属しているリンチェイはたとえ映画会社がギャラとして500万元といったギャラを提示されても、契約することは不可能でした。

この映画は日本でも大ヒットとなって、少林寺拳法を習う子どもたちも増えました。また日本の映画雑誌でもリンチェイが雑誌の表紙をたくさん飾りました。もちろん日本にも「少林寺」が公開する直前に来日してハードスケジュールの中でプロモーションを行い、次回作の撮影現場への中国広西省桂林へと帰国たしました。ちなみに日本で公開された「少林寺」の興行成績は16億5千万円の配給収入となり、年間成績では6位を獲得しました。中国はもとよりアジア各国で大ヒットした「少林寺」に出演していたリンチェイのギャラが1日130円という低さには、改めて驚くばかりです。

初3D作品:ドラゴンゲート 空飛ぶ剣と幻の秘宝